タトゥー除去の全国の美容外科(大阪)

費用、施術法、アフターケアなど含め、各地の美容クリニックを比較しましょう

タトゥーを入れる理由は色々あると思います。
でもそれを消そうと思った時、思いもよらない苦労が待っているかもしれません。
タトゥーを入れて後悔している人が増えています。
タトゥーを削除するのにはかなりの時間とお金がかかってしまいます。
クリニック選びの参考にしてください。

剥削

剥削/削皮
皮下の色素部分のみを取り除く、皮膚の負担を少なく消す方法

「剥削(はくさく)」は「削皮(さくひ)とも言われ、局所麻酔下にある、タトゥや刺青の色素がある皮膚を特殊なカミソリ、カンナの様な器具で削り取る方法。

削り取れなかった部分は、レーザー等で無くします。削った後は、そのままでいると赤く盛り上がった様な状態になる。赤味やかゆみなどは自然に落ち着いていきますが、やはり周囲の皮膚と同じ状態になるわけではなく、最終的に傷跡として残ります。

剥削術後は、生傷の状態になる為、綺麗にする為には、剥削術後のフォローが非常に重要です。剥削術後のフォローを誤れば傷跡が残るだけでなく、他のトラブルの要因になる恐れもあるため、剥削術後のフォローは必ず正しく行ってください。

一般的に普及している、レーザー治療を行い、完全にタトゥー、入れ墨が取れないために改めて、剥削術を施すケースもあり、あらかじめどの程度まで無くしたいのかをドクターと良く相談し、どの術を施すかを決定する事をおすすめ致します。

剥削術のメリット

広範囲にわたるタトゥも、皮下の組織を削り取るため皮膚移植が少なくて済む。
背中一面にわたる広範囲なものも、2~3時間程度で削ることができるため、長期に渡って、何度も通院する必要が無い。

タトゥー、入れ墨の輪郭は完全に無くなり、どのようなタトゥー、入れ墨を施していたかは分から無くなる。

一回の施術で済むため、他の施術と比べて、安価になりやすい。

レーザーの反応が悪い、カラフルな物や濃い色の物も無くす事が出来る。

剥削術のデメリット

剥削術後ケロイドになりやすく、見た目としてはやけどをおったような見た目になります。医師に「どれだけ削ればいいか」という高度なテクニックが求められる。

また、剥削術後赤みや腫れ、ほてりやかゆみが起こることもある。

傷の回復に時間がかかる

剥削術の費用の目安

ハガキ大サイズで1回 ¥100,000~