タトゥーを消すには

若い頃に、いいと思って肌に入れたタトゥーなど、
年齢を重ねてから後悔してしまうことがありますよね。
温泉などでは、タトゥーや刺青をしていると、
入浴することを断られる場合もあります。
ワンポイントのものなら、
メイクで隠すことも可能ですが、
しっかりと消したいという場合は、
整形外科などで、手術により消すことも出来ます。
自分で皮膚を傷つけることは、
跡が残ってしまったり、感染症の恐れがありますので、
必ず、きちんとした病院で、消すようにしましょう。
タトゥーや刺青を消す手術には、
皮膚を切除する方法と、レーザーを使用する方法があります。
皮膚切除の場合、タトゥーの部分の皮膚を隠し、
皮膚を縫い合わせることで、消すという考え方になります。
一度の手術で、タトゥーや刺青の部分は消すことが出来ますが、
縫い合わせた部分の傷は残る可能性があります。
レーザーなどで反応しにくい、薄い色のタトゥーや刺青には、
こちらの方法が向いているとされています。
もうひとつは、レーザーをあてることにより、
タトゥーや刺青を消すという手術です。
レーザーの場合、一回の照射でタトゥーや刺青を消し去ることは難しく、
何度かレーザーをあてる必要があります。
その分費用や時間はかかりますが、
跡が残りにくく、キレイに消すことができるので、
こちらの方法を選択する方が多いようです。
広範囲に及ぶタトゥーや刺青の場合は、
縫い合わせたりレーザーを照射して消すことが難しいため、
皮膚を削り、ほかの部分の皮膚を移植するという方法もあります。